サービス概要

About Instrumental analysis Contract Services機器分析利用サービスとは

東京都市大学(学長 三木千壽)では、平成28年6月、文科省 先端研究基盤共用促進事業(新たな共用システム導入支援プログラム)の採択を受け、「ナノテクノロジー研究推進センター」を設立する運びとなりました。
 このプログラムは我が国の科学技術イノベーションの基盤的な力の向上のため、研究設備・機器の共用化をさらに推進していくことを目的としたプログラムです。機器分析利用サービスは、この目的に基づき、シエンタ製XPS(ESCA-300)をはじめとした本学に存在する研究設備・機器を学内のみならず学外に広く貸し出していくサービスとなります。

対象分析

形態 結晶構造 結合 定性 定量 マップ等の各種分析を行うことができます。詳しくは機器分析利用サービス一覧をご参照ください。

利用対象者

・一般(民間企業その他法人)
・大学、公的機関
・東京都市大学の研究室、教員、学生
※それぞれ利用料金が異なります。

Use flowご利用の手順

ご利用は支払責任者及び利用者の登録から行います。支払責任者IDの発行→利用者IDの発行→電話・メールでの分析相談→分析申込み→分析→お支払の順で利用することが出来ます。

相談窓口

  • ナノテクノロジー研究推進センター
  • 電話:03-5707-0104(内線3500)
  • メールでのご相談はこちらから